経営アドバイス・コーナー
BESTビジネス 3年無償ホームページのご利用はこちらから

書面添付制度について

どんな制度?

税理士が「この会社の法人税・消費税申告書は正確な決算書に基づき適正に作成されたものである」と税務署に太鼓判を押すようなものです。(税理士法第33条2に規定)

税理士が作成した申告書について、
①どのような項目について
②どのような資料を
③どの程度確認し検討・判断したのか
を記載した書面を税務署に提出する手続です。

どんなメリットがあるの?

税務署が税務調査を実施する前に、添付書面に記載された事項について税理士が意見を述べる機会があるため、実地調査前に疑問点が解消されることもあります。
この結果、税務調査が短縮・省略される可能性があります。
また、金融機関などからの信頼も高まります。

書面添付制度